気になるアルバイト

かわいい キャラクター弁当

キャラクター弁当、略して『キャラ弁』。最近はお弁当の必要な子ども、特に園児のためにお母さんが一生懸命に作っているようです。キャラクター弁当という名前が付くことからも分かるように、お弁当箱を開けると子供の大好きな動物、植物やアニメキャラクター、例えば、ポケットモンスター、アンパンマン、キティ、トトロなどが現れます。いろいろな食材を使ってまるで絵でも見ているようにそっくりに作られたお弁当がキャラクター弁当です。もちろん食べ物で作ったお弁当ですから全部食べることが出来ます。このようなキャラクター弁当がお母さんや子供の間で人気がある理由は、子供がすごく喜んでくれること。好きな食べ物はもちろんのこと嫌いな食べ物も喜んで食べてくれることにあるようです。

キャラクター弁当 作り方

では、キャラクター弁当を作るにはどうしたらいいのでしょうか。 まず必要な道具を準備しましょう。最近ではスパーなどでもキャラクター弁当製作グッズのコーナーがありいろいろと便利な道具が手に入ります。はさみ、ピンセット、のりパンチ、抜き型などさまざまな便利グッズがありますので初心者の方でも簡単にはじめることが出来ます。自分が使ってみたい思うものを選んで準備しましょう。 次は、どんなキャラクターのお弁当を作るかを考えます。子供の大好きなキャラクターから選んであげるといいでしょう。初心者の人はあまり複雑なキャラクターでは使う色やパーツが多くなり大変ですので出来るだけシンプルなものから始めるといいです。キャラクターが決定したら次はそのキャラクターを絵本やぬりえなどから作りたい絵柄を写し取ります。自分で書けるといいですがなかなか難しいので作りたいキャラクターの絵柄をクッキングシートのような薄い紙に写し取ります。写したクッキングシートをパーツごとに切り分けます。

キャラクター弁当 レシピ

さて、次は食材の準備になります。まずは、キャラクターの色に合わせて食材を準備します。お弁当箱にベースになる食べ物を入れますがパンやごはんを利用する人が多いようです。色も形も工夫しだいでどんな食材でも出来ます。パンを抜き型でキャラクターの顔の形に抜き取ったり、ご飯にゆで卵の黄身だけを混ぜて黄色のキャラクターの体の形に握るなど素材も形も自由に作れます。 出来たベースの上に耳や目や鼻を付けたり、洋服を着せたり、小物を持たせたりとしていくわけですが先ほど準備したクッキングシートのパーツを使って焼き海苔(黒)、ハム(薄いピンク)、薄焼き卵(黄)、パプリカ(赤、緑)、スライスチーズ(薄い黄)などのいろいろな食材の中から色のあった食品を選びシートと食材を重ねて一緒に切り取ります。切り取った食材をベースになる食べ物の上に置いていきもとの絵になるように組み合わせていきます。細かいパーツはゴマなどを利用したり、線なとはトマトケチャップや海苔の佃煮などを利用してペンのように書くことも出来ます。もちろん食べるものですから味や衛生面も気をつける必要があります。これでキャラクター弁当の出来上がりとなるわけです。

簡単 キャラクター弁当

キャラクター弁当は大変だし、そんなお弁当は作れないと思ってしまいがちですが私たちが良く知っているウインナーを切った『たこさんウインナー』やりんごをウサギの形に切ったものも簡単なキャラクターにしたものです。実は最近テレビで話題になったピンクの削りかまぼこも使える1品ですよ。女の子のお弁当にはオススメです。出来るものから少し手間をかけることで子どもの喜ぶ顔が見れるのが何より嬉しいですね。最近では先輩ママの作ったキャラクター弁当のホームページや本がたくさんあります。できそうだなと思うものを見つけてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

キャラクター弁当